岩手県立大学総合政策学部/三陸沿岸災害復興の総合政策学

研究成果

地域コミュニティの復興研究班【社会調査チーム】

・2016年03月08日 第3回パネル調査(2015年12月実施)の速報がまとまりました。

・2015年11月25日 第1次量的社会調査と第2次横断調査をもとに、以下の論文がまとまりました。 学術情報ナビゲータCiNiiに全文pdfが掲載されています。

堀篭義裕・阿部晃士・茅野恒秀
「東日本大震災津波被災地における生活復興過程−2011年と2013年の大船渡市民横断調査をもとに−」
岩手県立大学総合政策学会『総合政策』第17巻第1号、pp.21-41。

・2014年09月01日 第2次横断調査(2013年12月実施)の速報がまとまりました。

・2014年03月24日 第2回パネル調査(2013年12月実施)の速報がまとまりました。

 パネル調査は、2011年12月に実施した第1次量的社会調査の回答者のうち、追跡調査への協力をご快諾くださった皆様を対象とし、2年ごとにその後の変化を分析するものです。
 横断調査は、選挙人名簿から無作為抽出された大船渡市民を対象として、市の状況の全体像の把握と、地区ごとの比較分析を目的とするものです。